安心のための防犯設備

防犯の備えはカギの準備から

防犯を意識して注文住宅を設計するなら、ぜひカギに注文してください。玄関や窓のカギを入念に選ぶことで、不審者が侵入するリスクを下げられます。まず玄関のカギは、いろいろなタイプを選べます。最先端といえるのは、ロックを解除するためのカギを持ち歩く必要がないタイプです。暗証番号を入力するボタンがついていたり、指紋センサーで開けたりします。窓のカギは、窓ひとつにつき2カ所のカギを設置するのがおすすめです。不審者の立場で考えたとき、カギを開けるのに手間がかかる窓は敬遠されます。窓に複数のカギをつけるのは基本だと考えてください。窓ガラスを割って侵入されることのないように、フィルムを貼って割れにくくするのもおすすめです。

住宅の周囲を明るくしよう

防犯のための設備を考えるにあたり、まず気をつけたいのは不審者を自宅に接近させないことです。不審者が窓ガラスを割ったり、カギを壊したりして侵入するとき、ある程度の時間が必要です。目立ちにくい夜間に接近して侵入を試みる事例が多いので、自宅の壁や敷地内に照明を設置しましょう。玄関先の明かりだけでは不十分で、庭や車庫などにも照明を設置して暗い場所をなるべく減らすことが大切です。自宅の立地条件にもよりますが、夜間にずっと点灯させる必要はありません。人に反応するセンサーがついた照明を設置するのも有効です。旅行などで留守が続くときも侵入のリスクが高まるので、リビングの照明をタイマーで点灯・消灯できるタイプにしておくのもよいでしょう。