補償制度を導入している業者を選択

基本となる3つの保証

注文住宅は自分や家族のこだわりを反映できる自由度の高さが魅力のひとつです。それゆえに工期は長期間に及びますので、建築中はもとより、住み始めてからの保証についてもよく検討しておかなければなりません。大手ハウスメーカーや設計事務所、工務店など施工主となり得る会社は沢山ありますが、施工主として指名する際には、保証内容が充実している会社を選ぶことが重要となります。基本時な保証は「瑕疵担保保証制度」「住宅完成保証制度」「地盤保証制度」の3点となりますので、最低限これらの保証を受けられるのかを確認するとよいでしょう。また、自身が受けたいと思っている保証内容かどうかも細かくチェックして把握しておく必要もあるのです。

各種保証制度を理解する

「瑕疵担保保証制度」は建物自体を保証する内容となっており、基礎や雨漏りなどについて法律により10年間の保証が義務付けられています。瑕疵担保保証制度は施工主となる建築会社が保証する内容となりますので、もし倒産してしまえば保証してもらえる会社がなくなることになります。その万が一のリスクに備えて瑕疵担保責任保険に加入している建築会社がほとんどですが、念のため確認しておきましょう。「住宅完成保証制度」は建築中に施工主が倒産してしまった場合に依頼主の負担を軽減させる目的の保証制度です。最後に「地盤保証制度」ですが、こちらは住宅の基礎を支える地盤についての保証となります。地盤沈下などのリスクに備えるための制度です。

ひとつの敷地に複数の世帯が居住する「集合住宅」に対し、一世帯が居住するもののことを「一戸建て」といいます