システムキッチンを導入しよう

注文住宅で導入したいシステムキッチン

夢のマイホーム。こんな家に住みたいという希望がはっきりしているなら、建て売り住宅より注文住宅のほうが自由度も高く理想の家づくりができますね。ダイニングキッチンは今や定番の間取りとなり、キッチンはリビングの一部とも言えます。毎日使うキッチンだからこそ、こだわりたいポイントです。注文住宅の場合、便利なシステムキッチンを導入する場合が多いでしょう。そもそもシステムキッチンと普通のキッチンはどう違うのでしょうか。一般的な普通のキッチンはセクショナルキッチンといって、流し台や調理台やガス台などがそれぞれ分かれています。対してシステムキッチンはそれらが一体化していてデザイン性も高く、収納スペースや食器洗浄機がついているなど機能的です。

システムキッチンを選ぶポイントは?

システムキッチンには、I型、L型、対面型など、いくつかの型があります。キッチンを使うシーンをイメージして、ライフスタイルに合った型を選びましょう。作業をするワークトップの高さも重要です。一般的には『身長÷2+5cm』が目安だと言われています。実際にショールームなどで見てみると確実ですね。またワークトップの素材も様々あります。傷のつきにくいステンレスや人工大理石なども多く使われています。中でもセラミック素材のワークトップは熱い鍋やフライパンをそのまま置くことができたり、まな板を使用せずに包丁で食材を切ることができます。部屋の面積の多くを占めるキッチンなので、見た目にもこだわりたいところです。扉の色や質感は部屋の雰囲気やインテリアに合ったものを選ぶとバランスが良いでしょう。

分譲住宅は一戸建ての注文住宅に比べて費用が安く、かつ低予算で新築の家を購入できるのが魅力的です。事前に見学も可能なので、自分の理想的な空間や、間取りかをチェックできるのもメリットです。